お餅♪

大内です。

早いものでクリスマスも終わり今年も僅かになりました。

1年経つのが本当に早く感じます。

さて今日のブログは<お餅>についてです。

お正月はやっぱりおせちにお雑煮の方も多いのではないでしょうか。

皆様G I値ってご存知ですか?

食後の血糖値の上昇を数値化したもので、この数値が70以上だと高いとされ、

60以下の数値のものを選ぶと急激な血糖値の上昇が抑えられて良い、とされています。

ちなみに白米なら84 玄米なら56です。

白米が美味しいのはわかりますが、血糖値上昇の観点からでも身体に良いのは断然玄米なんですね。

ちなみにお餅はなんと48! 玄米よりも低い値なんです。

それだけじゃなく、

お餅は炭水化物、脂質、タンパク質のほか、ビタミンB1やカリウムを含み疲労回復やむくみ予防に役立ち、熱を逃しにくい成分を含む為、身体を温め、腹持ちもいい、と良いことずくめです。

カロリーは通常サイズで約120kcalほど、茶碗1杯250kcalに対し半分以下です。

1個じゃ食べた気がしないから4個、とかなるとまた話が別ですが(笑)

お雑煮にたっぷり野菜を入れてバランスよく食べたり、海苔を巻いて食べたり、納豆餅にしたり、からみ餅にして食べればさらに効果抜群です!

お正月といえば餅、今年はコロナ禍で帰省も出来ず、ご自宅でゆったりとお正月気分を満喫しましょう。

お餅は食べ過ぎたら太る、と思い込んでいる皆様、むしろ様々な食べ方でお餅を楽しんでコロナに負けない身体を維持していきましょう!

寒い日が続きますが、体調を壊さないように、くれぐれもお身体をご自愛くださいませ。