AED設置

いつもご来院いただきまして、誠にありがとうございます。

当院にAEDを設置致しました。
AEDとは
自動体外式除細動器の略です。
心臓の状態を判断し必要なときに心臓に電気ショックを与えて心臓の動きをより正常に戻す医療機器です。

日本国内において、1年間に救急搬送された心原性心肺停止(心臓に原因がある心肺停止)傷病者数は75,109人に上ります。一方で、1年間の交通事故死者数は3,694人。
つまり心肺停止は交通事故死よりも発生件数が多く、1日に200人以上の方が突然の心肺停止によって救急搬送されているということになります。

また、日本では通報から救急車が到着するまでの全国平均時間は約8.5分。突然の心停止を起こした人の救命の可能性は時間とともに低下し、3〜4分程度で脳の回復が困難になると言われます。

しかし、傷病者の近くに居合わせた私たちがAEDによる除細動や心肺蘇生の救命処置を行うことで、救命の可能性は上がります。除細動による救命率は1分ごとに10%低下するとされ、傷病者の命を救うためには1分1秒でも早くAEDを使用することが求められるのです。

地域の安全と安心を少しでも貢献出来るように努力し続けます。