冬の乾燥対策!

いつもご来院いただき誠にありがとうございます。
受付スタッフの高野です。

徐々に寒さもやって来て、だんだんと冬らしくなってきましたね。
体調は崩されてないですか?
寒さにも負けず、体を動かして体温を上げていきましょうね!

今日は冬の大敵

乾燥

についてお話しさせていただきます。

冬は気温が低いため空気が乾燥し、さらにお部屋に暖房をつけることで室内もより乾燥します。

乾燥すると
○風邪のウイルスは活発化し、鼻や喉の粘膜も水分を失って風邪ウイルスが侵入しやすい状態になるため注意が必要です。
○肌のバリア機能が低下し、皮膚の新陳代謝であるターンオーバーに必要な水分も逃げてしまうため、肌荒れを起こしやすくなります。
○皮膚からは水分が蒸発し、呼吸をする度に水分は失われている為、水分をきちんと補給しないと、脱水症状に陥る可能性があります。

では、ご家庭で簡単にできる乾燥対策をご紹介していきます!

◉濡れタオルを部屋に干す
タオルの湿気を利用してお部屋を加湿してくれます。お洗濯を部屋干しにしても効果は同じくあります。最近では部屋干し用の洗剤もあるので、洗濯が乾いてお部屋の加湿もできて一石二鳥です!

◉湯気を利用する
お風呂上がりにドアを開けたままにして、部屋に湯気を流すことで加湿になります。また、お鍋料理ややかんの湯気も空気を潤ってくれるので効果的です。

◉フローリングや窓拭きをする
床や窓に残った水分が蒸発して湿度が高くなります。掃除機だけでは取りきれなかった汚れやウイルスを取り除くことができて、加湿にもなるので年末の大掃除にぜひ行ってください。

冬の乾燥は、放置してしまうと知らず知らずのうちに体調不良を引き起こしてしまいます。今回ご紹介した対策を参考に、寒い乾燥の冬の乗り切って、健康に身体を守っていきましょうね!